FC2ブログ
NPO法人 すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも
 墨田区民・行政・医療・福祉・産業・マスコミなどが協力して、地域で緩和ケアが受けられるネットワークをつくり、がんになっても望めば誰でも最期まで家で過ごすことができるすみだのまちを創ることを目指しています。
在宅緩和ケア研修会 開催のお知らせ
 墨田区在宅緩和ケア事業の一環として、下記の通り研修会を行います。
 詳細は下の画像をクリックして開くPDFファイルをご覧ください。

 研修参加者のうち希望する方は、後日、在宅緩和ケアの現場での実習を受けることができます。

 お申し込みをお待ちしております。

 FAXでのお申込は、PDFファイル↓の2ページ目にFAX用申込み用紙がありますのでご利用ください。

在宅緩和ケア研修会
スポンサーサイト



がん患者のこころのケア研修「聞き書き講座inすみだ」 参加者募集中です
昨年に引き続き、平成25年度もあこもは墨田区の在宅緩和ケア事業の委託を受けることになりました。

今年は次の4本柱で、「がんになっても安心して住めるまちづくり」を進めていきます。

 1.がん患者のこころのケア研修「聞き書き講座inすみだ」

 2.在宅緩和ケア研修(実習を含む) 対象:ケアマネジャー、ヘルパー

 3.在宅緩和ケア相談会 対象:がん患者さん

 4.「すみだの在宅ホスピス緩和ケアに対応できる医療介護機関データベース」の運営



 今年のトップバッターは、5月18日(土)、6月8日(土)に開催する「聞き書き講座inすみだ」です。
 患者さんのお話を聞く力、それを書いてまとめる力について学びます。
 詳細は、下の画像をクリックして開くPDFファイルをご覧ください。

 参加ご希望の方は、メールまたはFAXにてお申込みください。

 メールでのお申込はこちらへ→mail_green.gif

 FAXでのお申込は、PDFファイル↓の2ページ目にFAX用申込み用紙がありますのでご利用ください。

     聞き書き講座inすみだ

みなさまの参加お申込をお待ちしています!

在宅緩和ケアを担う医療福祉専門職のワークショップ 参加者募集中です
墨田区在宅緩和事業の一つとして、11月18日にすみだ中小企業センターで
「在宅緩和ケアを担う医療福祉専門職のワークショップ」を開催します。

がんの患者さんの在宅ケアを支えている、またはこれから支えられるようになりたいとお考えの
医療や福祉の専門職の方々、
他の職種とどのように連携していけばいいのか、
どうすれば患者さん・ご家族が安心して在宅を続けられるようになるのか、
皆さんで考えましょう。

参加ご希望の方は、メールまたはFAXにてお申込みください。
詳細は、下の画像をクリックして開くPDFファイルをご覧ください。

メールでのお申込はこちらへ→mail_green.gif

PDFファイル↓の下の方にFAX用申込み用紙があります。
121118Workshop.gif

お申込をお待ちしております。
在宅緩和ケア地域連携シンポジウム 終了しました
10月20日に、すみだリバーサイドホール・イベントホールにて、
墨田区在宅緩和ケア地域連携シンポジウム「安心してわが家に帰るために」が開催され、
193名もの方が参加してくださいました。

様々な病院の立場が違う方々のお話や参加者の方からの貴重なご発言もいただき
限られた時間の中でも、内容が濃く充実したシンポジウムだったのではないかと思います。
たくさんの方が熱心にメモを取っていらっしゃいました。
シンポジウムの概要は、後日こちらでもアップいたします。

アンケート回答のご感想からは概ねご好評をいただきましたが、
様々な課題も気づかせていただき、今後の参考にしたいと思います。

シンポジウムに参加してくださった方、アンケートに答えてくださった方
シンポジストの方々、運営のお手伝いをしてくださった方、
みな様に心より感謝いたします。
ありがとうございました。
在宅緩和ケア地域連携シンポジウム 開催のお知らせ
昨年に引き続き、今年度もあこもは墨田区の在宅緩和ケア事業の委託を受けることになりました。

今年は次の4本柱で、「がんになっても安心して住めるまちづくり」を進めていきます。

 1.在宅緩和ケア地域連携シンポジウム『安心してわが家に帰るtために』

 2.在宅緩和ケアを担う医療福祉専門職対象ワークショップ

 3.在宅緩和ケアを知っていただくリーフレットの作成

 4.墨田区内の在宅緩和ケアに対応可能な医療福祉機関調査


 1のシンポジウムの詳細は、下の画像をクリックして開くPDFファイルをご覧ください。
 参加ご希望の方は、メールまたはFAXにてお申込みください。
 墨田区在住在勤以外の方もご参加できます。

 メールでのお申込はこちらへ→mail_green.gif

 PDFファイル↓の2ページ目にFAX用申込み用紙があります。

     121020Symposium.jpg


 シンポジウムに参加してくださった方には、現在作成中完成したばかりのリーフレット
 「今から知っておこう! 家でも受けられる がんの緩和ケア」
 をお渡しします。
 leaflet2012.jpg
 
 みなさまの参加お申込をお待ちしています!
在宅緩和ケア講座 第3回講演会 終了しました
11月25日に、すみだリバーサイドホールミニシアターにて、
墨田区在宅緩和ケア講座第3回「病院から地域へ -退院しても安心して家で過ごすために-」 宮本幸雄先生(東京都立墨東病院 外科部長) が開催され、47名の方が参加してくださいました。

111125DrMiyamoto.jpg

宮本先生は、次のようなお話をしてくださいました。

 がん治療と緩和ケアは両者が同時進行していくべきだが、
 既に治療法がなくなった患者に対して、病院として患者および家族に真実を伝え、
 どうするか対応しなければならない。
 
 病院における緩和ケアの現状は、スピリチュアルペインへの対応ができる病院が少ない、
 緩和ケアへの理解不足、退院させる時期が遅すぎて、在宅後すぐなくなる方が多い、
 退院時の病状や予後に対する説明不足などが問題視されている。
 
 病院の入院ベッド数は減少しており、今後高齢者の死者数が増加する。
 また、病院で最期を迎える割合は8割を超えているので、このままでは病院は大混乱する。
 そこで、病院から在宅医療へ移行させていく必要がある。

 在宅移行を阻む医者側の要因では、患者離れができない、患者に悪いニュースを伝えられない、
 患者とゆっくり話し合えない、患者の気持ちをうまく聞き出せない、がある。
 
 一方、患者側の要因では、主治医を見限ることができない、主治医に見放されたと思う、
 こんな状態で家にかえっても、一人暮らし、などが挙げられる。

 死にかたを選ぼう。場所は―住み慣れた自宅、がん専門病院、ホスピス、
 最期までの時間―ぎりぎりまで治療、点滴するか、親しい人達やペットとともに、
 好きなもの食べ、お酒も飲んで。

 患者さんがどの道を選ぼうとも尊重されなければなりませんが、現在の在宅ホスピス医療は、
 病院に入院しているのとほとんど同じ医療が受けられる。

 「自分の人生を終えるとき、自分らしく最期まで、人としての誇りをもって生きられるといいですね。
  まず、主治医・担当ナースに“家に帰りたい”と伝えてみましょう。」

宮本先生、ご参加くださった皆様に感謝申し上げます。

在宅緩和ケア講座 第2回講演会 終了しました
11月11日に、すみだリバーサイドホールミニシアターにて、
墨田区在宅緩和ケア講座第2回 「がん患者が家で過ごすことの意味」川越 厚先生
が開催されました。
       
墨田区在宅緩和ケア講座第2回

医療法人社団パリアン クリニック川越・院長の川越先生が
在宅緩和ケアを始めて25年、墨田区では10年以上の実践から
がんの患者さんが、最期の時を家でどのように過ごされ、見送られたかをお話しくださいました。
 
55名の方にご参加いただき、ありがとうございました。
今回も、多くの方のサポートのおかげで開催できたことを感謝申し上げます。

残り2回の在宅緩和ケア講座ですが、第3回は定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきました。
第4回は、まだお席がありますので、お早めにお申し込みください。
申込方法は、こちらをご覧ください
Index

すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会準備会 Index
      (文字をクリックすると別ウィンドウに表示されます)

  NPO法人を設立しました

  すみだの在宅ホスピス緩和ケア医療介護機関データベース 開設しました

  NPO法人設立記念講演会 開催しました

  new 平成23年度墨田区「在宅緩和ケア事業」の委託を受けました

  new 在宅緩和ケア研修会を開催しました

  new 平成23年11~12月 在宅緩和ケア講座 開催します

■過去の記事■

  すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会について

  第3回準備会(2008/06/15) 開催しました
  第4回準備会(2008/07/13) 開催しました
  第5回準備会(2008/08/09) 開催しました
  第6回準備会(2008/09/06) 開催しました(アクションプランを作成しました)
  準備会参加者のこれまでの感想
  区民向け講演会(2009/2/8) ご案内
  区民向け講演会(2009/2/8) ご報告
  地域連携講演会・意見交換会(2009/5/23) ご案内
  平成21年度第2回連絡会会議(2009/6/13) 開催しました
  医師と訪問看護師との意見交換会 開催しました
  区民向け勉強会「家での看取りを語る会」(2009/10/31) 開催しました
  病院向け出張勉強会(2009/11/9) 開催しました
  ケアマネジャーのための在宅ホスピス緩和ケア研修会(2009/7/18~11/11) 開催しました
  サービス提供責任者・ヘルパーのための在宅ホスピス緩和ケア研修会(2009/11/5,12) 開催しました
  ホームヘルパー対象研修会 参加者のご感想を紹介します

在宅緩和ケア講座 第一回講演会 終了しました
11月5日に、すみだリバーサイドホールにて、墨田区在宅緩和ケア講座第1回
「人が生き、死ぬこと」垣添忠生先生講演会が開催されました。

     墨田区在宅緩和ケア講座第一回講演会1   墨田区在宅緩和ケア講座第一回講演会2

 日本対がん協会会長で元国立がんセンター総長の垣添先生が、
 多くの患者さんとの出会いから「人の生死とその多様性について」、
 がんの奥様をご自宅で看取られたご経験から「妻を看取る日」
 そしてご自身の「人生の省察」を、お話し下さいました。
 
 178名の方にご参加いただき、アンケートにも多くの方にご回答いただきました。
 ありがとうございました。
 
 また、企画・運営にご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。


在宅緩和ケア講座 開催のお知らせ
この講座は終了しました。

墨田区委託の在宅緩和ケア事業の一環として、全4回の在宅緩和ケア講座を開催します。
がんになっても安心して住めるまち、すみだのことを一緒に学びませんか?
(単回でのご参加、墨田区以外の方のご参加もできます。)

参加ご希望の方は、下記画像にリンクしているPDFファイルをお読みいただき、
メールまたはFAXにてお申込みください。 (PDFファイルの2ページ目にFAX用申込み用紙があります)

墨田区在宅緩和ケア事業 在宅緩和ケア講座(全4回)
在宅緩和ケア講座第1回講演会 

在宅緩和ケア講座全4回    
                     (↑クリックすると、各PDFファイルが開きます↑)

 ■第1回講演会
  【日時】11月5日(土) 午前10時~11時30分
  【内容】講演会「人が生き、死ぬこと」
       垣添忠生先生(日本対がん協会会長、元国立がんセンター総長)

 ■第2回
  【日時】11月11日(金) 午後6時~8時
  【内容】「がん患者が家で過ごすことの意味」
        川越 厚先生(クリニック川越院長・厚生労働省がん対策推進協議会委員)
        在宅ホスピス緩和ケア経験遺族

 ■第3回
  【日時】11月25日(金) 午後6時~8時
  【内容】「病院から地域へ -退院しても安心して家で過ごすために-」
        宮本幸雄先生(東京都立墨東病院 外科部長)

 ■第4回
  【日時】12月17日(土) 午後1時30分~4時
  【内容】1.グループワーク(ボランティアとして在宅緩和ケアに参加するには)
         鈴木 聡先生(日本アクションリサーチ協会 理事)
      2.在宅緩和ケアのボランティアに求められるもの
         川越博美(NPO法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも 代表)
         在宅ホスピスボランティア

 【会 場】すみだリバーサイドホール(吾妻橋1-23-20)
         イベントホール(第1回)、ミニシアター(第2~4回)

 【参加費】 無 料

 【お申込】 お名前(複数可)・居住区市・代表者電話番号をお書きの上、
       下記お問合せ先のメールまたはFAXにてお申込みください。
       ※各回定員に達しましたら締め切らせていただきます。

 【定 員】 第1回のみ200名。第2~4回は50名。
 
 【主 催】 墨田区
 【後 援】 墨田区社会福祉協議会
 
 【企画・運営・申込み/問合せ先】
    NPO法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも
       メール:s-sumida@pallium.co.jp
       FAX:03-5669-8310 /TEL:03-5669-8302

在宅緩和ケア研修会のご報告
(1)高齢者支援総合センター相談員対象 研修会
 
 8月17日に墨田区役所会議室において、
 区内の高齢者総合支援センター(地域包括支援センター)の相談員の方々を対象に
 在宅緩和ケア研修会を開催し、25名の方がご参加くださいました。

  110817ShienCenterKenshukai.jpg

 まず、あこも代表の川越から、がんの患者さんの在宅緩和ケアの特徴や、
 そのような方が相談に来られた場合の対応などについて、お話させていただきました。

 次に、実際にがんの患者さんを支援している相談員のお一人に、
 支援の実際について詳しくお話しいただき、
 最後にわずかな時間でしたが、相談員の皆様と意見交換をし、
 現場からの貴重なご意見を伺うことができました。

 これからの活動の参考とさせていただきます。

(2)民生・児童委員対象研修会

   9月1日にすみだリバーサイドホールイベントホールにおいて、
  区内の民生・児童委員の皆様を対象に、在宅緩和ケア研修会を開催し、
  179名の方に参加していただきました。
  (墨田区の民生・児童委員さんは約200名とのことですので、
   約9割の方が参加してくださったことになります。)

  川越厚先生(クリニック川越院長)による、講演「在宅ホスピス-最期まで自分らしく-」を
  聞いていただきました。

  がんの患者さんが在宅ケアを考えた時に出てくる疑問に答えるような形での
  川越先生のお話に、「とてもわかりやすかった」「もっと知りたいと思った」
  というご感想をいただきました。

  今後、在宅ケアを考えているがんの患者さんが、身近にいらした場合の
  ご参考にしていただければ、と思います。


お忙しい中、研修会に参加してくださった方々は、ありがとうございました。
平成23年度墨田区 在宅緩和ケア事業 委託を受けました
 NPO法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこもでは、墨田区から「在宅緩和ケア事業」の委託を受け、
下記の企画・運営を行うことになりました。

 在宅緩和ケア研修会につきましては、後日内容をご報告させていただきます。
 (申し訳ございませんが、一般の方のご参加は受け付けておりません。)

 在宅緩和ケア講座につきましては、後日開催の詳細をお知らせします。


1.在宅緩和ケア研修会

 在宅ケアの相談窓口になっている民生委員の方や高齢者支援総合センターの相談員を対象に
 研修会を行います。
 在宅緩和ケアの現状についての説明や相談窓口の紹介などについてお話しします。

 (1)高齢者支援総合センター相談員対象
   日時:8月17日(水)午後2時~3時
   場所:墨田区役所庁舎会議室

 (2)民生・児童委員対象
   日時:9月1日(木)午後3時~4時
   場所:すみだリバーサイドホール イベントホール


2.在宅緩和ケア講座

 一般の方を対象に、在宅緩和ケアについて理解を深めていただく連続講座を開催します。
 (医療介護専門職の方もご参加いただけます。)
 お申込み制ですので、参加ご希望の方はNPO法人あこもへメールで、
 お名前、ご住所、電話番号、参加希望回 をご連絡ください。
 
【第1回】
 日時:11月 5日(土)午前10時~11時30分
 場所:すみだリバーサイドホール イベントホール
 内容:講演会「人が生き、死ぬこと」
         垣添忠生先生(日本対がん協会会長、国立がん研究センター名誉総長)

【第2回】
 日時:11月11日(金)午後6時~8時
 場所:すみだリバーサイドホール ミニシアター
 内容:「がん患者が家で過ごすことの意味」
        川越 厚先生(クリニック川越院長・厚生労働省がん対策推進協議会委員)
        在宅ホスピス緩和ケア経験遺族

【第3回】
 日時:11月25日(金)午後6時~8時
 場所:すみだリバーサイドホール ミニシアター
 内容:「病院から地域へ ―退院しても安心して家で過ごすために―」 都立墨東病院 外科部長 宮本幸雄先生

【第4回】
 日時:12月17日(土)午後1時30分~4時
 場所:すみだリバーサイドホール ミニシアター
 内容:「ボランティアとして在宅緩和ケアに参加するには」
      鈴木聡氏(日本アクションリサーチ協会)、川越博美(NPO法人あこも代表)
講演会「このまちで最期まで生きるということ」ご報告
3月12日にNPO法人設立記念講演会「このまちで最期まで生きるということ」を開催しました。

前日の地震の影響で交通機関が通常通りに運行していない中、
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。
今回残念ながらご参加できなかった方は、次の機会にご参加いただければと思います。

講演会では、まず柿沢未途さん(衆議院議員)が、お父様を看取ったご経験をお話しくださいました。

あこも設立記念講演会

柿沢さんは、看取りは緩和ケア病棟であったものの、
それまで自宅で家族で貴重な時間を過ごせたことから、
在宅緩和ケアの意義と、一層の普及を訴えてくださいました。

後半は、、在宅緩和ケアチームのメンバー(医師、看護師、薬剤師、ボランティア)による
一人暮らしのがん患者を看取りまで支えた事例の報告でした。

一人暮らしのがん患者の在宅療養の具体的な話があり、
将来的なことも含め、患者または家族の立場で参加した方々からは、
一人暮らしではなくても大変参考になったようです。

また、あこものメンバーでもある区民の方々が、
講演会の運営に積極的に関わってくださり、この会の準備・実施を通して、
在宅ホスピス緩和ケアの一層の普及を目指す専門職と区民との絆を
強めることができたと実感しました。

■参加者の皆様から寄せられたご感想(抜粋)
 ・緩和ケアは在宅介護にとって今後必要となることがらで、
  あらましがわかってよかったです。

 ・ご家族の闘病の様子が具体的でわかりやすかった。

 ・在宅での最期を支えようとする活動が墨田区にあることを知って、
  自分の両親の看取りにつながるかどうか、
  保健師さんと相談していきたいと思いました。

 ・ケアにかかわった方たちのお話ありがとうございました。
  これから自分も含め、親のケア等、死について、考えさせられます。
  不安な気持ちのまま、この会に参加させていただきました。
  何か自分のできる事を、もっと考えてみたいと思います。

 ・ボランティアさんのお話がとても心にしみました。
  ボランティアさんの体験談を、WEBやニュースレターに掲載されたら、
  家族・患者体験談とはちがう“支え方”が世に示せるように思います。
  ボランティアを下請けでなく対等な仲間で・・・とあったのは全くの同感です。


 本講演会開催にあたり、公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団から
助成をいただきました。ここに深く感謝申し上げます。
講演会のお知らせ 「このまちで最期まで生きるということ」
NPO法人設立記念の講演会を開催します。
参加ご希望の方は、下記画像にリンクしているPDFファイルをお読みいただき、
メールまたはFAXにてお申込みください。

NPO法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも 設立記念講演会
  「このまちで 最期まで 生きるということ」

110312AcomoSymposium2.jpg
   (クリックすると、PDFファイルが開きます)

 ■日 時 : 平成23年3月12日(土)13:00~15:30 開場12:40 
 
 ■会 場 : 曳舟文化センター2階 レクリエーションホール(墨田区京島一丁目38-11)
           <電車>京成押上線京成曳舟駅より徒歩1分、東武伊勢崎線・曳舟駅より徒歩3分
           <バス>都営バス墨38系統 墨田区曳舟文化センター前下車

 ■参加費 : 無料
 
 ■内 容 : 「父の闘病から学んだこと」 柿沢未途 氏(衆議院議員)
         「一人暮らしでも、最期まで家で」
           一人暮らしのがん患者を家で看取ったケアチームのメンバー
           (医師・看護師・薬剤師・ボランティア)と、在宅で受ける緩和ケアのことを考えます。
 
 ■お申込 : お名前(複数可)・居住区市・代表者電話番号をお書きの上、
          下記お問合せ先のメールまたはFAXにてお申込みください。
          ※定員(200名)に達しましたら締め切らせていただきます。

 ■お問合せ : 特定非営利活動法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも 事務局
            e-mail:s-sumida@pallium.co.jp
            FAX:03-5669-8310 /  TEL:03-5669-8302
            〒130-0026 東京都墨田区両国3-19-5 シュタム両国ビル4階

 ■後 援 : 墨田区、社団法人すみだ医師会

   この講演会は、公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団の助成を受けています。


NPO法人を設立しました
この度、すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会は
「特定非営利活動法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも」
を設立いたしました。

このNPO法人の概要は以下の通りです。

 ■名称:すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも
 ■理事:川越博美、松竹耕治、櫻井美徳、宮崎和加子
 ■監事:大金ひろみ

 ■目的:
 この法人は、墨田区および近隣区のがん患者へ緩和ケアグループホームなどの在宅サービスを提供する他、在宅ホスピス緩和ケアに携わる医療介護専門職の人材育成やネットワーク化、市民への情報提供や啓発に関する事業を行い、がんになっても最期まで住みなれた地域で安心して過ごせるよう、がん患者の在宅ホスピス緩和ケアの推進に寄与することを目的とする。

 ■事業
  (1)緩和ケアグループホーム事業
  (2)介護保険法に基づく居宅介護支援事業
  (3)介護保険法に基づく療養通所介護事業
  (4)在宅ホスピス緩和ケアに携わる専門職のネットワーク化事業
  (5)在宅ホスピス緩和ケアを担う医療介護専門職の人材育成事業
  (6)在宅ホスピス緩和ケアに関する相談・調整事業
  (7)在宅ホスピス緩和ケア啓発事業
  (8)在宅ホスピスボランティアの育成事業
  (9)その他目的を達成するために必要な事業

NPO法人の活動へのご参加やご支援いただける方、
より詳しく活動についてお知りになりたい方は、事務局までご連絡ください。
よろしくお願いします。

特定非営利活動法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも 事務局
 TEL 03-5669-8302 / FAX 03-5669-8310
 e-mail : s-sumida@pallium.co.jp

ホームヘルパー対象在宅ホスピス緩和ケア研修会 講師を務めました
区内のある訪問介護事業所から、すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会に、
ホームヘルパーを対象とした在宅ホスピス緩和ケアの研修会への講師派遣のご依頼をいただき
代表の川越が講師を務めさせていただきました。

研修会では、
 1.ホスピス緩和ケアの考え方
 2.高齢者の在宅ケアとの違い
 3.信頼できるヘルパーさんとの出会い
 4.在宅ホスピス緩和ケアはチームケア
 5.死までの過程
 6.パリアンのケアプログラム
についてお話させていただいた後、参加者の皆様とディスカッションの時間を持ちました。

病気でも家で過ごしたいと願う方々のために、日々力を注がれているヘルパーの皆様の
がんの在宅ケアの現場での悩みなどを知ることができました。

後日、そのヘルパーの皆様のご感想やご意見を送っていただきました。
連絡会の今後の活動の参考にさせていただきます。
本当にありがとうございました。

その一部をこのブログで紹介させていただくことに、ご快諾をいただけました。
多くの方々に、ヘルパーの皆様の意識の高さを知っていただきたいと思います。
ぜひお読みください。

家で過ごす


■ホームヘルパー対象研修会 アンケート結果より抜粋■

【講義を聞いて、「がん」「終末期」について考えは変わったか?】


・ヘルパーであることに加えて一個の人間として、自分が今まで何を考えて生きてきたか、
 これからどのように生きて生きたいかを、患者さんから問われると思った。
 「全人的な痛み」については、いま自分で理解している以上に
 患者さんとその気持ちを分かち合うのは難しいのではないかとも思う。
 でも相手の気持ちに寄り添えるヘルパーでありたい。

【今回、印象に残ったお話は?】
 ・医療、看護師、介護ヘルパー、ややもするとヘルパーが立場上”最下位”のような見方をされがちだが、
  今日の先生の講義で如何に死にゆく人を安らかに送ることが大切かを理解できた。
  そのためには、どれだけその人に関わる人達が良いチームワークを組めているか、
  誰ひとり不要な人は無く、どの立場の人が欠けてもうまくいかないことを改めて強く感じた。
  
 ・病棟型ホスピスは知っていましたが、在宅型ホスピスはあまり知りませんでした。
  今回在宅ホスピス緩和ケアの素晴らしさを知りました。
  チームケアの重要性を知り、パートナーシップがしっかりしていないと出来ないことがわかりました。
  今後、多くの人が利用できるような社会になってほしいと思いました。

 ・今回、在宅ホスピス緩和ケアというものがあるというのを、初めて知りました。
  末期がんの方が安心して家で最期を過ごせることがとてもいい事だと思いました。
  それには医療・看護・介護のチーム力が必須というのもわかりました。
  介護に関わる私達がやるべき大切な事は、家事援助をきちんとする事はもちろん、
  技術・知識だけでなく、利用者さんの身体の変化を見逃さず感じる事、気付く事ができ、
  その情報を的確に医療に伝えるとのことです。
  それがチーム力に繋がっていくんだと思いました。これは、高齢者在宅ケアでも同じだと思いました。
  また、死を感じた方が感じる精神的苦痛・霊的苦痛に対してのケアの話もとても興味深かったです。

 ・家事がきちんとできるヘルパーであること。
  もっと「暮らしの専門家」になりたい! と思った。
 
 ・終末期の方に対して、治療だけが最良と思っていましたが、一人ひとりいろいろな形がある事と、
  死という事がただ悲しいだけではない事がよくわかりました。
   
 ・緩和ケアは医療職や看護職が中心になるが、チームの中での介護職の役割も大切な存在であり
  それと同じ位置で捉えてくださっている事ことを嬉しく思いました。
  それと同時に、チームの一員として看取りまでケアができる能力を身につけていきたいと思いました。
  
 ・「家族のケア」家族が患者の状況を正しく理解しているかに始まり、家族の力を信頼し、
  家族の力を引き出す事がとても重要だと思う。
 
【その他、感想・意見等】
 ・核となる医療分野から墨田のターミナルケアを組織立てていただいている事に感謝です。
  墨田が、自宅で穏やかなターミナルを迎えることのできる待ちになることを願っています。

 ・患者や家族の思いをしっかり受け止めてくれる「チーム」に出会うことができたら
  人生の終末期を在宅で過ごし穏やかに幕を閉じることができるでしょう。
  チームの一員になれたら幸せです。
緩和ケアグループホームの視察に行ってまいりました
連絡会のメンバーが、ホスピスハワイの緩和ケアグループホーム「Kailua Home(カイルアホーム)」の視察に行って参りました。(編集中)

ホスピスハワイ カイルアホーム1

ホスピスハワイ カイルアホーム2

サービス提供責任者・ヘルパーのための在宅ホスピス緩和ケア研修会 開催しました
2009年11月5日、12日に
「サービス提供責任者・ヘルパーのための在宅ホスピス緩和ケア研修会」
を開催しました。

サービス提供責任者・ヘルパーのための在宅ホスピス緩和ケア研修会
(クリックすると大きく表示されます)

今回は、墨田区とその近隣の区のホームヘルパーやサービス提供者28名が参加してくださいました。
内容は以下の通りです。

  第一回 講義:在宅ホスピスケア概論
       在宅緩和ケアとは、チームケア、情報の共有
       ビデオ視聴(在宅ホスピスの実際)
       講師:川越 博美(すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会代表)
       
  第二回 参加型講義:「在宅での看取り」についての相互学習
       自由な発想・アイディアを出し合っての意見交換
       講師:大金ひろみ(東京女子医科大学講師)

第一回の講義後の質疑応答や、第二回の参加型講義の中で、
ホームヘルパーとして在宅のがんの患者さんに直面しての
困難、苦悩、問題点が挙げられ、参加者全体でのディスカッションとなりました。

訪問している患者さんの担当の訪問看護師の方と、もっとよい連携を取りたい
という声が多く聞かれました。
ケアマネジャーのための在宅ホスピス緩和ケア研修 開催しました
2009年7月から11月にかけて、
「ケアマネジャーのための在宅ホスピス緩和ケア研修」
を開催しました。

ケアマネジャーのための在宅ホスピス緩和ケア研修会
(クリックすると大きく表示されます)

内容は次の通りです。

 第1回 講義:在宅ホスピスケア概論「末期がん患者の在宅ケアマネジメント」

 第2回 参考事例に関する話し合いとケアプランの作成

 オプション 在宅ホスピス緩和ケアチームのカンファレンス参加

 第3回 在宅ホスピス緩和ケアチームとのケアマネジメントの実践
    (実際に事例を受け持ち、カンファレンスに参加、話題提供をする)

今回の研修には、ケアマネジャーなど相談業務に携わる方9名が参加してくださいました。

最終日の第3回には、参加者が実際にケアマネジャーとして関わった事例を
カンファレンスで発表していただき、皆でディスカッションしました。

効果があった点、反省点を検討して、次の研修会につなげたいと思います。
病院向け出張勉強会 開催しました
2009年11月9日、
「病院向け在宅ホスピス緩和ケア出張勉強会」
を墨田区の賛育会病院にて開催しました。

当日は、約20名の先生方が集まってくださり、連絡会代表のお話を聞いていただきました。

内容は次の通りです。

 1.慢性疾患の高齢者の場合と末期がん患者の場合の違い
  ■病院と在宅との連携
  ■在宅ケアの体制や内容

 2.どうやったら 安心して自宅で看取りができるか?
  ■24時間体制
  ■在宅での症状緩和
  ■患者と家族のケア
  ■在宅ホスピス緩和ケアのチームケア

 3.在宅ホスピス緩和ケアへの移行

 4.「すみだの在宅ホスピス緩和ケア 医療・介護機関データベース」の紹介

 先生方からは、
 「治療を継続しながら、緩和ケアを行うことは可能か?」
 「独居・生活保護の患者でも在宅ホスピス緩和ケアは可能か?」
 などの質問がありました。

今後も病院から要請があれば、出張勉強会を開催することを検討します。



プロフィール

特定非営利活動法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会 あこも 事務局            Mail:s-sumida@pallium.co.jp

Author:特定非営利活動法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会 あこも 事務局            Mail:s-sumida@pallium.co.jp



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



訪問者